食品製造に強い!求人サイトランキング

HOME > 食品製造の求人情報 > 食品製造工場で働くメリット

食品製造工場で働くメリット

 食品製造工場の業務内容を料理店の調理と一緒のようなものと想定している人がいらっしゃいます。しかしながら実際のところはまったく異なる点が数多く、原則として工場の業務内容につきましてはライン作業が主に行われていると考えられます。いくつもの作業工程に区分されており、それらのひとつを手がけることになります。食材、あるいは容器がベルトコンベアによって流れてくるため、カット、あるいは味付けそして、盛り付けなどを実施します。現実問題としてマニュアルに沿いながらどうしても必要な作業を行うので、クッキングの技術は必ずしも必要ではないです。料理店の仕事と同じ様なものと考えていると、勤務をし始めるときに戸惑いを覚えることになるでしょう。あらかじめ見守ってライン作業の状況を把握しておけば、心配はないと言えます。

 工場の業務のメリットとして、パートタイマーの中においては決定的に福利厚生が申し分ないということができます。これに関してはあたり前ですが、有給休暇が6ヵ月後から1年で10日それから、、2年目は11日、さらに3年目は12日貰うことができます。有給休暇に関しても相対的に使い易いといえます。あらかじめお休みの日を担当している部署の社員に報告してから届けを出すことになります。届けにつきましては有給休暇のみならず、早退するケース、あるいは欠勤のケースでも記載しないといけません。また、パートタイマーもボーナスがあります。日勤の時給に関しては低料金ですが、その分だけボーナスという形でカバーできることもあり得ます。夜勤でしたら1時間の賃金も非常に高いので、それなりの正規雇用社員並みの給料ということを意味します。

 また、会社によりまして、ひと月に一回程度、会社内販売がありまして、自分の会社の製品のケース買いによってリーズナブルに商品を手に入れられることがあります。その上グループ会社の商品もあります。ケース買いが多いですが、スーパーマーケットのセールより安い価格で購入することができるケースがあります。それから、自動車通勤のケースでは現実的にはガソリン代だけですが、家から会社に至るまでの地図の距離で算定した交通費がすべて出ます。 バス、あるいは電車といった異なる交通手段である場合にも全額出ます。仕事の条件をご覧になったら、交通費無、あるいは最高限度5,000円といった一部支給とされる形が非常に多い中で、全ての金額の支給がありますので、とても重宝します。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP