電車通学にて塾へ通う際の経済的負担を考える

最近は、近所の塾に通わせるのではなく電車を利用して人気のある塾へ通う子供が増えています。親は心配ですが、子供は意外と楽しく電車通学するようです。子供だけで電車に乗せる事になるので、あらかじめ子供に公共交通機関のマナーをキチンと教えておく必要があります。大人から見れば当たり前の事と思う事でも子供にとっては分からない事も多いので、しっかりと教えてあげましょう。子供1人だとマナーを守れても友達が数人と集まってしまうと、マナーを守れない時が出てきてしまうので、注意するように伝える事が大切です。複数の人達が利用する公共交通機関では、子供に限らずですがマナーを守れずに思わぬトラブルに巻き込まれる事もあります。もしもの時、子供達はどう対処するべきなのかも事前に教えてあげましょう。

公共交通機関のマナーをしっかりと教えましょう

子供が通う塾が電車通学でないと通えない場合、最初は親が同行して、危険な場所がないのか確認が必要です。自宅から駅、電車の時間、駅から塾までの道のり等、キチンと把握しておきます。親が確認して、不安要素がないのかどうか子供が1人で通う事が出来るのかどうか見極めましょう。親が少しでも不安要素が取り除けないようであれば、無理に電車通学が必要な塾へ通わせないようにしましょう。何かしらの思わぬトラブルが発生した時に後悔します。塾によっては最寄り駅まで同行してくれたり、退塾時間を保護者の端末へ連絡する等、安全配慮をしてくれていますが乗車中までは責任はもってくれません。子供が公共交通機関を利用中にトラブルがあった場合、とっさに判断して行動が出来るのかも、あらかじめキチンと見極めましょう。

近所の塾と電車通学が必要な塾の違いは?

近所に塾があるものの、希望に沿えない塾だった場合、電車通学が必要な塾が選択肢として浮かびあがります。近所の塾だと自転車や徒歩で行けるため、経済的負担もありません。電車通学が必要な塾だと塾の受講代だけでなく電車代も別に必要なので、経済的負担が大きくなります。中学受験、高校受験、大学受験と節目まで塾へ通う必要があるので、今後何年もの間、通塾の為の電車代が必要です。それだけでなく電車通学するのであれば、時間もかかる為、子供の軽食代や夕食代も別で必要になります。親が思っている以上に負担額が増える事を想定しておきましょう。思春期と呼ばれる年齢の中学生や高校生になると、友達と塾帰りに飲食店やお店に立ち寄る可能性も出てきます。子供はお金を自由に使うので、親の経済的負担は計り知れません。