電車の公共性を意識した電車通学における塾への通い方

進学に向け、塾へ通い始めるお子さんも多くなる時期です。なかには自宅から距離のある塾に通うお子さんも少なくないです。親が送迎できれば何も問題はないですが、子供ひとりで通わせたいというご家庭もあります。自転車で通う方法もひとつです。しかし年齢によっては夜道の自転車は危ないこともあります。その場合電車通学することになります。通塾ルートは親子でしっかりと確認をし、公共のマナーをしっかりと守って通えるように教えてあげましょう。安全のため、ホームや車内で騒がないこと、携帯などをさわりながら歩かないこと、エスカレーターは片側に寄って立ち止まって乗ること、乗車の際には列に並ぶことなど、下見をしがてらはっきりと教えておきましょう。緊急時など、困ったら駅員さんに相談することも忘れずに伝えましょう。

塾に電車通学する際に気を付けたいこと

子どもだけで通塾するのは心配も多いですが、近年小学生でも電車通学が多くなってきています。塾へ電車通学する際は交通系ICカードなどを利用することが多くなります。鞄やベルト通しなどにフックをかけて落とさないように気を付けて持つことも教えておきましょう。ICカードを含め、名前などが見えるものは防犯上見えないようにしまっておくようにしましょう。またトイレなどを利用する際にも不審な人が周りにいないか確認する癖もつけておくとよいです。電車は時に天候やトラブルなどで遅延することもあります。そういった場合にどうするべきか、常日頃から考えておくといざという時に慌てずに済みます。また予定していた電車に乗れなかった場合にも不安にならないよう、余裕を持った行動を心掛けるとよいです。

塾への電車通学が心配。過干渉にならない見守りが必要

近年は子供を狙った犯罪も多く、トラブルに巻き込まれてしまうこともあります。しかし心配はあっても、忙しくて塾への送迎ができないという親御さんは多いです。そんな親御さんに嬉しいツールがあります。電車通学の際に改札を通った時点で、メールヤアプリでお知らせしてくれるサービスです。無事に電車に乗れたことを知ることができ、帰宅時には駅までのお迎えもしやすいです。こういったサービスを活用すれば、適度に子供の自立をサポートしつつ、安全面でしっかりと見守ることができ、自立心が芽生えだす小学生高学年の子にも過干渉にならずに済みます。小さいうちはGPS機能などを利用して、居場所確認もしやすいですが、いつまでも干渉するのは自尊心を傷つけてしまうおそれもあります。こういった見守りサービスが今後全国的に増えていくことを願います。