路線選びから考える電車通学で塾へ通う際のポイント

塾へ通わせる際に生じる問題は交通の面です。交通手段はたくさんありますが、手軽に利用できる手段の1つとして、電車通学があります。そこで、重要になってくるのが路線の選択です。何度も乗り継ぎをしたり、到着時間の間隔が長かったりすると、負担が大きくなります。乗り継ぎなく、1本で行けることが時間の短縮、費用面においても負担が少なく望ましいでしょう。通学ルートを親子で一緒に下見しておくことが大切です。乗り方をはじめ、改札の通り方やホームでの立ち位置や広さ、駅員室がどの場所にあるかを確認しておきましょう。実際に乗る予定の時間帯に乗ってみることも混み具合や、どのような人たちが利用されているかを知ることが出来ます。また、困ったときに、誰に聞くと良いかも事前に教えておくことも大切です。

費用と時間の使い方にも一工夫し有効活用

自宅や学校から塾へ電車通学をするにおいて、時間の使い方は大事になってきます。都度切符購入をしていると混みあっている場合など購入までに時間を要する場合がありますので、前もって定期券などの購入をしておいた方が、時間や費用を抑えられる可能性があります。定期券購入時と都度切符を購入する場合の費用も調べておくと良いでしょう。塾の始業時間や電車の時間帯も調べておくと、急な天候の変化により多少の遅れが生じた際にも対応できるようにしておくと良いでしょう。ゆとりを持ち数分に1本電車があるのであれば、予定時間の1本前に乗ることも良いでしょう。単語表などに勉強内容を写しておくと移動時間や空いた時間に予習、復習を効率よくすることも出来ます。また、移動時間が長い場合は少し仮眠をとることも次へ進むための準備になるでしょう。

電車を利用するにあたってのルールを説明します

改札口、駅の構内、電車内では様々なルールがあります。電車への乗り降りや並び方、エスカレーターでの立ち位置や歩く方向、電車内での過ごし方などです。改札口や電車を待つホームで並んでいる場合は人の前列への割り込みや、携帯を見ながら歩いたりなどルールに従った行動をしましょう。電車内では特に携帯電話の使用や大きな声でのおしゃべりは控えましょう。電車内が空いていても塾に使用するカバン類を置き、1人で座席を広く使うことは避けましょう。混み合っている場合は、近くにお年寄りや妊婦さん、体に障害を持った方などが居ましたら、席を譲ってあげる心がけも必要でしょう。たくさんの人が利用しますので、気を遣い、思いやりをもつことが大事です。電車通学を通して社会のルールを学ぶことができます。