塾へ電車通学する際に持っていくべきもの

塾へ通うのに電車通学をする小学生や中学生の子供達が増えてきており、親御さんも電車通学させる事に不安を抱えている方が多いかと思います。そんな時に持たせたいのは、やはり防犯ブザーです。学校であっても塾であっても防犯ブザーはカバンに付けて持たせたいアイテムです。家から学校までの行きかえりだけでなく、常に携帯していて損はないと思います。今では様々な種類の防犯ブザーがあるので、ご家族で必要だと思うスキルのブザーを購入する事が大切です。また、キッズ携帯やスマホなどを持たせる事が出来ればGPS機能で所在地を確認する事も出来ます。時間通りに塾へ行っているのかなど、所在地を知る事で親御さんも安心できるのではないかと思います。携帯電話やスマホであれば、帰宅時間を電話で連絡する事や、最寄駅に着いた時などの連絡手段としても利用できます。

電車通学をして塾へ通う時に注意したい事

電車通学をして塾へ通う子供達が増えてきていますが、慣れない電車通学を一人でさせるのは親御さんとしても不安がいっぱいかと思います。そんな不安を少しでも解消する為に事前に危険な場所や塾までの所要時間を下調べしておく必要があります。塾への行き方などは親御さんも子供と一緒に通う事になる時間帯に確認をしておく必要があり、危険だと判断した場所には近づかないように本人に伝える事が大切です。また、電車通学をする上で、公共交通機関でのルールなどを子供に伝えておく事も大切です。電車内やホームでは騒がず走らずふざけない事や、混雑している所で無理やり入ろうとしたり前の人を押さない事、電車を待つ時にはホームにきちんと並び降りる人を優先にする事など、トラブルに巻き込まれない為にも子供にきちんと伝える必要があります。

塾へ電車通学をする時に役立つサービスやもしもの時の対応とは

塾へ電車通学をする時、改札を必ず通る事になります。この改札を通る時に通過した内容の通知を送るサービスがJR東日本を初めとして様々な機関で配信されています。交通系ICカードを利用する事で通過した改札の内容をメールで送信してくれるので、ちゃんと着けたか不安な親御さんも安心できます。またチャージ残高なども教えてくれるので、チャージ不足を回避する事もできますし、最寄駅に着く時間を逆算する事ができるので、お迎えの時間もわかりやすいのでとても便利です。万が一電車が止まってしまったり、困った事があった時など、一人で通塾する場合頼る大人が居ない状況になっていまします。通塾を始める前に事前に駅員さんや交番の警察官に助けを求めるよう子供に伝える事が大切です。地震などの災害が起こった時の対処方法なども一緒に伝えておくと万が一の時に逃げ遅れる事がなくなります。